忍者ブログ
[442] [441] [440] [439] [438] [437] [436] [435] [434] [433] [432]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★限定です★

YAHOOより


不敗の右腕が早大にV2をもたらす。2季連続39度目優勝へ「あと1勝」の早大は2日、慶大との初戦に3-7で敗れ、2回戦では斎藤佑樹投手(1年=早実)を先発に立てる。斎藤は昨春の東京都大会準決勝・日大鶴ケ丘戦で敗れて以来、夏の西東京大会や甲子園、日米親善、国体、今春の6大学と24試合負けなし(引き分け含む)の不敗神話を継続している。神宮は佑ちゃんフィーバーでこの日3万4000人の観衆を集めたが、2戦目は90年春の早慶戦以来の満員札止めが濃厚。斎藤は90年の早大・大越以来となる1年生春の優勝投手を目指す。
 斎藤で決める。7回裏からブルペンで投球練習を開始した斎藤の目の前で、8回に早大投手陣が決定的な7点目を失った。投球練習を中断し、歓喜の慶大ナインをブルペンからじっと見つめた。こんな光景は繰り返させない。強い決意がにじみ出た。
 エース須田幸太投手(3年=土浦湖北)を先発に立て、必勝を期した初戦。頼みのエースが3回5失点でKOされると、続く投手陣も踏ん張り切れずに7点を失った。リードしていれば斎藤がリリーフに回って胴上げ投手になる可能性があったが、その夢は2戦目に持ち越した。
 2季連続優勝を目指すチームは、斎藤の不敗神話にかけることになった。斎藤は昨年4月29日の春季東京都大会準決勝以来、1年以上主要大会で負けなし(オープン戦など除く)。昨夏の甲子園では延長再試合の末に優勝するなど、大舞台での強さは実証済みだ。早大でもここまで5試合に登板して無傷の3勝と抜群の安定感を誇る。田中幸長主将(4年=宇和島東)は「2戦目は斎藤だと思うけど、あいつなら大丈夫」と全幅の信頼を寄せた。
 斎藤はこの日、3度ブルペンに入った。5回に立ち投げ、7回に捕手を座らせて49球を投げると、3点を返した9回には逆転した場合に備えてキャッチボールを開始した。応武篤良監督(49)は2戦目の先発については明言せず「これが本当の姿ということ。今までが出来過ぎでした。今日はこれから帰って練習する」と厳しい表情で引き揚げた。
 防御率1位だった須田が打ち込まれたことで、斎藤がリーグ1位に躍り出た。3日の結果次第では防御率、最多勝、ベストナインなど投手タイトル総なめの可能性もある。投げ合う可能性が高い慶大・中林伸陽投手(2年=慶応)は防御率2位に付けるライバル。斎藤は早実時代に慶応高との定期戦で2度対戦経験があるが2敗に終わっている。慶大戦を前に「投げ合いたい気持ちはある」と話していた。成長した姿を見せつけて、しっかり借りを返すつもりだ。
 1日には都内の鍼灸(しんきゅう)院でハリ治療を行い大一番に備えた。6日には19歳の誕生日を迎える。早実2年時から通う同院の担当医に「18歳最後の試合は絶対に勝ちます」と誓った。数々の栄光を味わい、一躍国民的ヒーローになった激動の1年。無敗で駆け抜けた18歳のフィナーレを、優勝で飾る¥

 

感想

さてさて


どうなることか?


でも


すごい強運の


持ち主っぽい


ので


大丈夫でしょう

PR
★限定です★


忍者ブログ [PR]
カレンダー
おすすめ
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索