忍者ブログ
[449] [448] [447] [446] [445] [444] [443] [442] [441] [440] [439]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★限定です★

YAHOOより


日本出版販売が発表した2007年度上半期ベストセラーによると、「単行本フィクション」の部門で1位を獲得した「赤い糸(上・下)」(ゴマブックス)のほか、ベスト10圏内に4冊もケータイ小説がランクインしていることがわかった。

ランキング表はこちら 。※下段に掲載

 「赤い糸」は、ケータイ小説などの配信で話題のインターネットサービス「魔法のiランド」で、06年7月より配信されていたもので、シリーズ累計1000万アクセスを記録するほどの人気ケータイ小説。著者メイの中学2年生の頃の切ない恋の経験などを元にした作風が若者を中心にウケているようだ。

 その書籍版が2月に上巻、5月に下巻として発売。「中高生は本を読まないと言われるが、実際に購入しているのは中高生が9割」(ゴマブックス 佐藤真由美氏)というように、活字化されても人気で、「上半期ベストセラー」を見ると「総合」部門でも4位という健闘ぶりだ(1位は「鈍感力」)。また、本屋大賞の受賞で話題の「一瞬の風になれ」の3位を抜いての1位獲得となり、業界内でも話題を呼んでいる。

 なお、「単行本フィクション」部門の2位には「もしもキミが。」(凛)、5位「純愛」(稲森遥香)、9位「クリアネス」(十和)などの携帯小説もランクインしている。かねてより話題を呼んでいたケータイ小説ブームが本格化していることを実証する形となった。ちなみに「クリアネス」は、「第1回日本ケータイ小説大賞」大賞作品。10位には「翼の折れた天使たち 星」が入っているが、これはケータイ小説ブームの火付け役となった「Deep Love」(2000年)の著者Yoshiによる小説。

 

感想


赤い糸

は読んだことは


ないのですが

気になりますね

それにしても

携帯小説

かぁ。

PR
★限定です★


忍者ブログ [PR]
カレンダー
おすすめ
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索