忍者ブログ
[1319] [1318] [1317] [1316] [1315] [1314] [1313] [1312] [1311] [1310] [1309]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★限定です★
お母ちゃんにおんぶにだっこの邦画界-。山田洋次監督(76)の最新作「母(かあ)べえ」(来年1月26日公開)で、太平洋戦争開戦前に夫を投獄されながら娘2人を育てる母親役の女優、吉永小百合(62)の存在感が、改めて際だっている。

 黒澤明監督作品のスクリプターとして知られる野上照代さんの自伝的ドキュメンタリー「父へのレクイエム」が原作で、舞台は1940年の日本。吉永は苦しい家計の中でも希望と明るさと夫への愛を忘れない、文字通りの良妻賢母を演じているのだが、幼い娘2人の母親を演じるにしては、実際の吉永の年齢はちょっと上過ぎるのだ。

 11日、都内で開かれた完成会見でもそのことが話題となり、吉永自身が切り出した。「私のように歳を重ねている者でいいのかしらと戸惑っていたら、監督が『あのころのお母さんはすごく疲れていたので、いいんです』と言われ、すぐに納得しました」。
PR
★限定です★


忍者ブログ [PR]
カレンダー
おすすめ
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索