忍者ブログ
[141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★限定です★

YAHOOより


2006年F1世界選手権第17戦日本GP予選が7日(土)14時から三重県、鈴鹿サーキットで行われた。

開催20周年を迎えた鈴鹿サーキットには、決勝レース当日にも劣らないほどの観衆がつめかけた。もちろん、Honda Racing F1、トヨタ、SUPER AGURIの日本勢を応援する声が多いのだが、やはり、今季限りで引退すると表明したミハエル・シューマッハ(フェラーリ)の鈴鹿ラストランをひと目見ようと、サーキットを訪れた人も多いだろう。そのシューマッハは、鈴鹿でポールポジションを通算9回獲得しており、10回目の節目を数えられるのか注目が集まった今日の予選、見事、ポールポジションを獲得したのはフェラーリのフェリペ・マッサ。タイムは1分29秒599。

そして、シューマッハが1分29秒711で2番手に入り、フェラーリが1-2を決めた。3番手には、1分29秒989をマークしたトヨタのラルフ・シューマッハが入っている。

シューマッハのライバル、ルノーのフェルナンド・アロンソは、1分30秒371で5番手。

Honda Racing F1のジェンソン・バトンは、1分30秒992で7番手、ルーベンス・バリチェロは1分31秒478で8番手だった。

トヨタのヤルノ・トゥルーリは1分30秒039で4番手に入り、トヨタがセカンドローを独占している


感想

今年で鈴鹿も最後なんだね。

なんだか寂しいなぁ。

昔セナが走っていた頃に見に行きましたよ。

それにしてもフェラーリは強い!!

PR
★限定です★


忍者ブログ [PR]
カレンダー
おすすめ
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索