忍者ブログ
[269] [268] [267] [266] [265] [264] [263] [262] [261] [260] [259]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★限定です★

YAHOOより


狂乱の1990年3月の東京を舞台に繰り広げられるタイムスリップ・ラブコメディ『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』の完成記者会見が1月10日に行われ、阿部寛や広末涼子、薬師丸ひろ子、主題歌を歌う加藤ミリヤが登場。爆笑連続のバブル時の思い出などを披露した。 ■阿部寛や広末涼子、薬師丸ひろこのワンショット写真はこちら

 薬師丸は「広末さんの“お母さん役"ということでショックでした。(役で)若返りをするのも、厳しい現実」と笑いながら挨拶。また、「当時のメーク(極太まゆげなど)を今見ると変だなと話していたんですけれど、参考資料に当時の私の写真が使われていた」と吹っ切れながら暴露。さらに「撮影しているのか、旅行に来ているのかと思うぐらいに恩恵を受けた」とバブル時代の“金遣い"エピソードを披露し、会場の爆笑を誘った。

 そして、阿部は「やっぱあの時代は、ボディコンのイメージが強い。撮影は時を忘れて、これが正しいことなんだと思った」と自分自身に言い聞かせ、そんな姿を見た広末は苦笑いするしかなかった様子。

 一方、バブル時代を知らない広末と加藤は「ディスコのシーンなどは圧倒。あの時代に生きてなくてよかった。ボディコンなんて着れないですよ」(広末)、「私たちの世代は物心付いたときから不景気」(加藤)とドライな感想で、笑いを起こした。

 なお、当時の自分が今の自分を想像できたかとの質問に阿部は「結婚していないのが、驚きだと思う。31歳ぐらいには結婚できると思ってた。しかも『結婚できない男』が高視聴率だったのがねぇ」と笑えない表情を浮かべた。

 

感想

バブルの時代は

知らない世代が

多いですね

私は

少しばかり

知ってますが

今考ええも

おかしな時代でした

PR
★限定です★


忍者ブログ [PR]
カレンダー
おすすめ
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索