忍者ブログ
[260] [259] [258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★限定です★

YAHOOより


女優・天海祐希(39)が売れない演歌歌手を演じる日テレ系ドラマ「演歌の女王」(13日スタート、土曜・後9時)のヒット祈願が5日、神奈川県内のスタジオで行われた。劇中でド演歌の歌唱シーンがあり「CD発売の予定はないけど、盛り上がれば分かりません」と、歌手デビューに前向き発言。1997年に女優の河合美智子(38)がドラマ劇中歌でNHK紅白歌合戦に出場した例もあり、天海も高視聴率を追い風に“売れっ子歌手”への道を歩む。

 天海の役どころは売れない演歌歌手だが、その美声と歌唱力は宝塚時代から折り紙付き。劇中では、唯一のヒット曲という設定のド演歌「女のわかれ道」を歌唱する。「CD発売の予定はないですが、盛り上がれば分かりません」と、高視聴率との相乗効果で歌手デビューにも意欲を見せた。

 ほかにも、都はるみの「好きになった人」、細川たかしの「心のこり」など演歌の代表曲を披露する。「コブシが難しい。宝塚は(コブシを)使わないので」と悪戦苦闘しているが、制作サイドは「さすがの歌声」と太鼓判を押す。

 CD発売となれば、ヒットチャートをばく進しそうだ。96~97年放送のNHKドラマ「ふたりっ子」に出演した河合美智子は、役名「オーロラ輝子」として劇中歌「夫婦(めおと)みち」をリリース。「通天閣の歌姫」というキャラ人気に、小椋佳による楽曲の良さも手伝いミリオンヒット。97年の紅白歌合戦に初出場した。

 天海演じる「大河内ひまわり」も、男運、金運に見放されながら「けなげに頑張るところが、かわいらしい。見る人に元気を与えてくれる」(天海)。ヒットドラマ「女王の教室」のクールな鬼教師から一転、ワイヤアクションを使って立ち回る熱いキャラだ。

 大平太プロデューサーによると、「女の-」は、ある大物アーティストが書き下ろしたオリジナル曲。本人の意向で名前は明かさない方針だが「演歌を手がけるのは初めての方。ものすごくいい曲」と仕上がりに大満足の様子。CD発売は「反響次第」と前向きだ。

 キャラ人気と楽曲の良さはオーロラ輝子と共通する「ヒットの法則」。天海は2001年に審査員として紅白に出演。今年の大みそかは、歌手として初出場が期待できそうだ。

 ◆吉川晃司との破局は語らず 天海は、歌手・吉川晃司との破局についてはノーコメントを貫いた。「女のわかれ道」にちなみ「女性としてのわかれ道はあるか」との質問には「昼ご飯を中華にしようか、とか、日々わかれ道です」。「最近の不幸は」と聞かれ「ありません」とだけ口にした

 

感想

番組も旨い具合に

いろいろ考えてますね

ヒットすると

曲も売れるみたいな

頑張ってください

PR
★限定です★


忍者ブログ [PR]
カレンダー
おすすめ
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索