忍者ブログ
[936] [935] [934] [933] [932] [931] [930] [929] [928] [927] [926]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★限定です★
●セルティックのDonatiは、チャンピオンズ戦ミランとの試合に関し、「Uefaが我々に対し、行動を起こすとは思わない。セルティックには素晴らしい6万のファンと、たった数秒おかしな事をした1人がいたんだ。我々はそれにより、ペナルティを受けるべきじゃない。勝利は夢のようだったよ。我々がミランとドローを演じて以来、常にこのことを考えてきた。素晴らしい試合だったし、凄い勝利。セルティックは前半より良く、ミランは後半良かったね。これがサッカー、時には勝ち、負けることがある。だけどこの勝利は、我々にとりパーフェクト。セルティック・ファンは信じられなかった。プレイのために彼らは重要だし、雰囲気は恐るべきものだったよ」と、述べているようだ。

●セルティックのHartleyも、試合最後に起きた事件の為に、チームがペナルティを受けることがないのを期待。
-「そんなに酷いことじゃなかったと思うし、我々はそれに影響受けない。上手くいけば、Uefaは問題を分けて明らかにすると思う。チャンピオンズ・リーグでの素晴らしいホーム記録を、傷つけたいと思わない」

-「雰囲気は素晴らしいものだったよ。多くのチームがここにプレイに来たくないのは、彼らが雰囲気に飲まれるから。この試合では、プレッシャーは我々の上にあったんだ。レンジャーズが先に勝利していたからだと思う。我々は彼らのリヨン戦を見たし、見事な結果だったね。我々にはスコットランドサッカーの為に、好結果を得なければならないプレッシャーがあったんだよ」

●ミラン戦に勝利したセルティックをストラカン監督は、自らを反映させるチームと評している。
-「我々は、Jan Vennegoor of Hesselinkや中村俊輔、 Mark Wilsonなしに試合をスタートしたんだ。これは、好チームに対し厳しかったよ。Jiri Jarosikを戻したのは彼が良いと思ったから。セルティックは、最後に1-1で終えていたかもしれない。でも勝利を望んでいたし、それが中村とChris Killenを投入した理由だ」

-「チームはゴールを求めていて、Scott McDonaldはそのゴールに値していたね。彼はガッツがあった。時々コンディションの影響もあって好プレイじゃなかったが、我々は攻撃続けた。チームはタックルし、走り、勝利を得る為に全てをやっていたと思う」
PR
★限定です★


忍者ブログ [PR]
カレンダー
おすすめ
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索