忍者ブログ
[1089] [1088] [1087] [1086] [1085] [1084] [1083] [1082] [1081] [1080] [1079]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★限定です★
MM総研は10月23日、2007年度上期の国内携帯電話出荷状況を発表した。2007年4月から同9月までの出荷状況を調査したもので、総出荷台数は前年同期比13.0%増の2513万台。上期の出荷台数としては、2003年度の2569万台に次ぐ2番目の出荷台数となった。

【グラフの詳細画像】

 2006年度は番号ポータビリティ導入などの影響により、下期は半期ベースで過去最高の2710万台を記録。MM総研は、その反動で2007年度上期には2006年度上期と同規模の出荷台数にとどまると予測していたが、実際はそれを上回る結果となった。

 MM総研は2007年度上期の出荷台数が好調に推移した要因として、(1)ソフトバンクモバイルの好調(2)新規契約/MNPを意識した事業者間の競争激化による端末/通信料金の値下げや割引によるキャリア変更のハードル低下(3)複数台契約の拡大(4)若年層や高齢層への普及拡大(5)ワンセグケータイへの買い換えニーズを挙げ、これらが複合的に影響した結果と分析している。

 2007年度上期のメーカー別シェアは、シャープの好調さが目立っており、出荷台数は前年同期比53.3%増の659万台、シェアは前年同期比6.9ポイント増の26.2%となった。2位は前年同期3位のパナソニックモバイルコミュニケーションズで、出荷台数は48.1%増の348万台、シェアは3.3ポイント増の13.8%。3位にはらくらくホンやワンセグケータイが好調な富士通がランクインした。富士通の出荷台数は82.8%増の340万台、シェアは過去最高となる13.5%で、この上期に最も躍進したメーカーとなった。4位から6位は東芝、NEC、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズと並んでいる。
PR
★限定です★


忍者ブログ [PR]
カレンダー
おすすめ
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索