忍者ブログ
[223] [222] [221] [220] [219] [218] [217] [216] [215] [214] [213]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★限定です★

YAHOOより


ジャニーズが欧州進出することが22日、分かった。グループ活動休止中のNEWS手越祐也(19)増田貴久(20)が新ユニット「テゴマス」を結成し、デビュー曲「ミソスープ」を日本に先駆けてスウェーデンで発売。このほどストックホルム市内で行われた記念イベントは予想を超える盛況だった。同国は米、英に次ぐ音楽輸出国で欧州の音楽市場に強い影響力を持つ。ジャニーズアイドルの今後の欧州進出の試金石として注目される。
 アジア各国で人気を集めるジャニーズが欧州に目を向けた。テゴマスのデビュー曲「ミソスープ」の英語版を15日にスウェーデンで発売した。音楽配信を含む同国ヒットチャートで、CD限定ながら、初登場16位と大健闘。日本発売は12月20日を予定しており、ジャニーズ初の海外先行発売は成功を収めた。
 手越と増田は発売日、現地のライブハウスでイベントを開き同曲を披露。同国の若者はファッションやアニメなど日本のポップカルチャーに強い興味を示しており、ジャニーズアイドルに関心を持つ女性も意外に多い。収容200人の会場に500人が殺到する予想以上の反響に2人は「びっくりしました」。
 欧州進出を目指す上で、同国は最適な環境だ。若く才能あるソングライターを多く抱え、ブリトニー・スピアーズやセリーヌ・ディオンに楽曲提供するなど「世界の音楽工場」と呼ばれているほか、ABBA(アバ)やカーディガンズなどを輩出。良質な音楽を生む土壌としても知られる。「ミソスープ」の作曲も日本と同国のスタッフが共同で手掛けた。同国での音楽活動は欧州各国の音楽市場に影響力を持っており、本格進出の足掛かりにもなる。
 ジャニーズは5年前からスウェーデンの音楽出版会社スカンジナビアソングスと契約を結び、KinKi KidsやNEWSが曲提供を受けるなど同国と太いパイプを持っていた。ユニット修二と彰の大ヒット曲「青春アミーゴ」も同国スタッフの曲制作だった。
 欧州進出に当たり、歌唱力のある手越と増田が抜てきされた。グループ活動休止中のタイミングも重なった。増田は「自分たちによってジャニーズのイメージが作られる可能性があり責任を感じています」。
 「ミソスープ」はみそ汁にまつわる思い出を通じて母親の愛情を歌った曲。日本食文化の象徴を題材にした欧州上陸となった。同ユニットは活動期間を限定しておらず、本格的な公演開催にも意欲的だ。

 

感想

スウェーデンで活動をして

なんて考えてませんでしたよ。

それにしてもワールドワイドですね

ぜひとも頑張って欲しいものです

それにしてもミソスープって

まんま日本ですね

PR
★限定です★


忍者ブログ [PR]
カレンダー
おすすめ
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索