忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007年10月11日、「台湾一の脚長モデル」ことシャティナ・チェン(陳思シュエン)が、台北市でスキンケアブランド「ナチュラビセ」の新店オープンイベントに登場した。

台湾芸能界でも有数の「リッチなタレント」で知られるシャティナ。最近2000万NTドル(約7200万円)の別荘を購入したばかりで、ブランドの限定ウォッチのコレクターとしても有名。常日頃、スキンケア製品のチェックと収集にも余念が無いが、たくさん買いすぎてしまったものは、友人に譲るのではなく売っているとのこと。シャティナは、「だって、台湾で手に入らないブランドの商品ばかりだし、次に買う時の元手になるでしょ?」と話している
PR
世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦(11日・有明コロシアム)――王者内藤大助(33)(宮田)が、亀田3兄弟の二男で同級14位の亀田大毅(18)(協栄)を終始圧倒し、3―0の判定で下した。

 内藤は初防衛。最終回は挑戦者が反則行為で3点減点となり、王者が勝利した。

 内藤は日本人選手の最年長防衛記録。亀田大はプロ11戦目で初黒星で、日本人最年少の世界王座獲得はならなかった。(観衆6000人)
タレント神田うの(32)が8日、東京・明治神宮でレジャー産業グループ社長の西村拓郎氏(37)と挙式した。知り合ってから9年、交際2年を経て晴れて夫婦になった。ホテルニューオータニ東京で行われた「感謝祭」と呼ぶ披露宴の招待客は777人。幸先良く、ラッキーセブンのぞろ目が2人の門出を祝福した。挙式総費用は超豪華な約6億円。うのは今後も仕事を続け、料理は作るが家事は一切行わない“うの流妻”を貫く。婚姻届は13日に提出する。
 「私は神田家と違うお墓に入ります。でも、気持ちだけは育ててくれた両親への感謝の気持ちでいっぱいです」。感謝祭が始まって約3時間。宴のラストに、うのは両親への感謝の手紙を読み上げた。シーンと静まり返った会場のあちこちから、うのの涙声とこだまするようにすすり泣きが聞こえる。「古い伝統や慣習にこだわるお嬢さんだとは思わなかったのに…」。豪傑で知られるみのもんたさえ、隣に座る妻とともに目頭を押さえた。
 一生に1度の結婚式のため、うのは婚約期間の約1年の間、じっくりと備えてきた。司会は旧知の徳光和夫アナウンサーに頼み、親友の華道家仮屋崎省吾氏が高砂と入り口を無数のバラで豪華に飾り付けた。料理は約6万円といわれるフレンチ。1つ1つの食材にまでこだわった“うの版スペシャル料理”を完成させ、ウエルカムドリンクでさえ自分で考案。もちろん、12点に及ぶ引き出物のほとんどもオリジナル。袋まで自分でデザインした。
「ブタもおだてりゃ木に登る」「おしおきだべぇ~」などの流行語を生んだ70年代の人気アニメ「ヤッターマン」が30年ぶりに復活する。来年1月から日本テレビ系で月曜午後7時枠でスタート。09年春には実写映画化も決まっており、ヤッターマンブームが到来しそうだ。

 同作品は77年1月からフジテレビ系で放送。2人組の正義の味方「ヤッターマン」が、泥棒の神様「ドクロベエ」の指令を受けた悪党3人組「ドロンボー」一味と対決するアクション作で、ギャグをちりばめた物語や個性あふれるキャラが受け、平均視聴率20%を超える国民的アニメだった。「おしおきだべぇ~」などのフレーズは、リアルタイムで見ていない世代にも親しまれている。

 現代版では、ドロンボーの女ボス「ドロンジョ」の脚が長くなるなどマイナーチェンジはあるものの、オリジナルの世界観は残したまま。毎回の物語に現代のブームや時事ネタを盛り込み、ヤッターマンを知らない子供も取り込みたい考えだ。
●セルティックのDonatiは、チャンピオンズ戦ミランとの試合に関し、「Uefaが我々に対し、行動を起こすとは思わない。セルティックには素晴らしい6万のファンと、たった数秒おかしな事をした1人がいたんだ。我々はそれにより、ペナルティを受けるべきじゃない。勝利は夢のようだったよ。我々がミランとドローを演じて以来、常にこのことを考えてきた。素晴らしい試合だったし、凄い勝利。セルティックは前半より良く、ミランは後半良かったね。これがサッカー、時には勝ち、負けることがある。だけどこの勝利は、我々にとりパーフェクト。セルティック・ファンは信じられなかった。プレイのために彼らは重要だし、雰囲気は恐るべきものだったよ」と、述べているようだ。

●セルティックのHartleyも、試合最後に起きた事件の為に、チームがペナルティを受けることがないのを期待。
-「そんなに酷いことじゃなかったと思うし、我々はそれに影響受けない。上手くいけば、Uefaは問題を分けて明らかにすると思う。チャンピオンズ・リーグでの素晴らしいホーム記録を、傷つけたいと思わない」

-「雰囲気は素晴らしいものだったよ。多くのチームがここにプレイに来たくないのは、彼らが雰囲気に飲まれるから。この試合では、プレッシャーは我々の上にあったんだ。レンジャーズが先に勝利していたからだと思う。我々は彼らのリヨン戦を見たし、見事な結果だったね。我々にはスコットランドサッカーの為に、好結果を得なければならないプレッシャーがあったんだよ」

●ミラン戦に勝利したセルティックをストラカン監督は、自らを反映させるチームと評している。
-「我々は、Jan Vennegoor of Hesselinkや中村俊輔、 Mark Wilsonなしに試合をスタートしたんだ。これは、好チームに対し厳しかったよ。Jiri Jarosikを戻したのは彼が良いと思ったから。セルティックは、最後に1-1で終えていたかもしれない。でも勝利を望んでいたし、それが中村とChris Killenを投入した理由だ」

-「チームはゴールを求めていて、Scott McDonaldはそのゴールに値していたね。彼はガッツがあった。時々コンディションの影響もあって好プレイじゃなかったが、我々は攻撃続けた。チームはタックルし、走り、勝利を得る為に全てをやっていたと思う」


忍者ブログ [PR]
カレンダー
おすすめ
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索